レチノールとは

レチノールはアンチエイジングの最後の砦

レチノールって名前、聞いた事ありませんか?
日本ではまだそんなにも知られてないのですが、美容や化粧品の先進国のセレブでは有名なシワ対策に効果があると言われてるビタミンAに分類される成分。

額のシワ、首のシワ、ほうれい線、眉間のたてジワ、目のたるみ!
レチノールはアンチエイジングの最後の砦と言われてる成分です。

使った人の口コミで瞬く間に広がったレチノール。それだけ実体験で良い効果を体感できた人が多いって事なんだね~(^-^;)

>>セレブに人気!おすすめのレチノールクリーム

レチノール化粧品の効果と秘密

  • 秘密ポイント1
    肌のハリが戻る?ハリの元コラーゲンの回復を助ける&早くする
    コラーゲンを作り出す線維芽細胞がレチノAで活性化、古くなった細胞を新しい細胞と入れ替えてくれる
  • 秘密ポイント2
    肌のハリが復活するのでしわが消える?
    しわが出来る原因は表情筋の衰えと肌組織の編み目が崩れてしまう事が原因、コラーゲン量が増える事によって、肌の奥の弾力が回復して深く刻まれたしわを押し上げてくれる♪
  • 秘密ポイント3
    レチノールを安定して届け続けられれば10歳は若返る?
    細胞ピーリング効果が新しい細胞を生んでくれるので、肌サイクルに変化が訪れる。ただし、急ぎすぎない事。濃度の高すぎるレチノールや純度が低い壊れたレチノールは、かえって肌を傷めます。

レチノールの多彩な効果!⇒「抗老化ビタミン」レチノールを肌にやさしい形で配合することに成功

良いことづくめのレチノール、これは美容業界もほっとかない~!
と・・・思ったのですが、光あるところに影があり、そう簡単に扱える物質では無いようなのです。それは、皮膚科医も指摘しているレチノールの副作用。

>>国際特許取得技術を使ったレチノールクリーム「QuSomeレチノA」

レチノールの副作用と正しい知識

レチノールは扱いにくい物質

レチノールは劇的な効果が望める物質なので、アメリカ(とくにセレブ層)に絶大な支持を得られたんですが、同時にその副作用も噂されるようになりました。

ピーリング効果がありすぎて、ただ塗るだけでは肌がボロボロになってしまったという話もあります。実はレチノールは扱いにくい物質、原液を塗りさえすれば・・という訳にはいかないんですよね。まず、ちょっとした紫外線や外部刺激で変質してしまうのが一番のウイークポイントです。

危険性を指摘されて製品化を中止した化粧品メーカーもありました。敏感肌の人は使っちゃダメと言ってるメーカーもあるぐらいです。

レチノールを正しく扱っている化粧品メーカーを選ぼう

レチノールを正しく扱っている化粧品メーカーを選ぼう

レチノールは酸素や光や熱にとても弱い物質、でも美容効果が望めるもの。これをいかに安定して肌の奥へ届けるか?これはナノカプセルの技術が無いと無理なんですよね。

有名どころだと、資生堂のレチノバイタル エッセンスかな。1滴に、1700個のレチノールカプセルが入ってるって言われています。
※こちらは肌に馴染ませた瞬間にカプセルが弾けるタイプ

もう1つはドクターズコスメと言われてる「ビーグレン」。実はこのビーグレンの化粧品が超おすすめなんです。ビーグレンはドラックデリバリーシステムという皮膚に塗るだけで薬を患部に届けるQusomeというナノカプセルを発明しています。
※元は皮膚の癌治療に使われていた技術で国際特許取得済み

ビーグレンは新しくレチノールを閉じ込めて浸透させるクリームを製品化ヽ(〃▽〃)ノ 口コミでまた広がって行きそうな予感がします♪試してみる価値はありそうなのです。一足先にお試しセット使ってみるのも良いかもしれませんね。

>>ビーグレンのレチノールクリーム「QuSomeレチノA」

ビーグレンの化粧品に入っているハイドロキノンやビタミンCもこのカプセルに閉じ込め、肌の奥へ届けてから浸透するキューソーム(QuSome)という国際特許技術を使った製品を開発していています。ビーグレンは、今まで沢山のセレブの方から支持&信頼されてる化粧品のメーカーさんです。

レチノール化粧品ならビーグレン
カリフォルニア発『特許浸透テクノロジー』化粧品、b.glen(ビーグレン)

↑ トライアルセットも365日間の返金保証付き ↑

運営者情報

このページの先頭へ